サンプルページ

介護事務は介護保険料の計算が主な仕事です。

Posted by on 7月 27th, 2012 in 介護保険 | コメントは受け付けていません。

介護事務というのは文字通り、介護専門の事務を行う仕事です。利用者の身辺や生活のサポートをするのはヘルパーや介護福祉士の仕事ですが、介護事務は利用者がスムーズに介護サービスを受けられるように、手続きの面でのサポートを行っています。2000年に介護保険制度が導入されてから、要介護者に提供される介護サービスにかかる費用の内、9割は国や地方自治体が負担し、利用者が1割を負担するシステムになっています。介護事務は要介護者が介護サービスを利用した時にかかる費用を計算し、介護保険制度にのっとって本人負担額や、国や地方自治体が負担する介護保険料を計算する介護報酬請求業務が、主な仕事となっています。ただ現状は、介護事務の専門職は少なく、介護福祉士やヘルパーが介護事務を兼任しているケースがほとんどです。また、介護事務職として勤務している場合でも、電話応対から来客対応、勤怠の管理、用度品のチェックなど、「総務」的な仕事が多いのが実情です。

介護事務と介護保険事務管理士

Posted by on 6月 27th, 2012 in 介護保険 | コメントは受け付けていません。

介護事務のお仕事の認定資格として知られているものに、介護事務管理士があります。
介護事務管理士は、介護分野での介護保険の事務処理を行いますので、介護事務のお仕事をするなら、介護保険事務管理士の資格を取得してもよいでしょう。
介護事務は、介護施設によっては、未経験でも採用が可能なお仕事ですが、自分自身の幅を広げるために、またこれから就職する方なら、採用のチャンスをさらに広げるために、取得しておいても良い資格といえるでしょう。介護保険事務管理士の資格を取るには、認定試験に合格しなければいけません。介護保険事務管理士の試験には、介護給付費用明細書の作成がありますので、未経験よりは、事前に作成する書類の知識があったほうが、仕事に入りやすいといえるでしょう。介護事務のお仕事は、介護士やケアマネージャーが平行して空いた時間に行っている場合も多いので、これから介護の仕事の幅を広げたい方には、おすすめの仕事です。

介護事務の仕事と介護保険の納税について

Posted by on 5月 27th, 2012 in 介護保険 | コメントは受け付けていません。

介護事務は、介護施設において介護報酬請求事務の仕事を行うものです。
この介護報酬請求事務というものは、介護施設を利用している利用者の請求業務で、介護サービスに掛かった費用の一部を市町村に請求するものです。
通常この費用は、利用者が1割を負担し、残りの9割は市町村が負担するものです。
これらの負担金は、介護保険から支払われるのです。
介護保険は40歳になると納税を行う義務があります。40歳から64歳までの間納税を行う、将来の介護医療に役立てるというわけです。
通常この介護事務は、ケアマネージャーと呼ばれる人が計算を行うものなのですが、ケアマネージャーは多忙なため介護事務員という、介護報酬の計算などを行う専門家を採用したのです。
因みにこのケアーマネージャーの仕事は、介護サービスを受ける利用者の基本調査を行ったり介護者やその家族からの要望にこたえるべく、要介護者の不安をなくし適切な施設サービスが出来るように計画を行うものです。

介護保険制度と介護事務の業務について

Posted by on 4月 27th, 2012 in 介護保険 | コメントは受け付けていません。

200年に介護保険制度が導入され、介護保険のサービスを受ける際に費用の本人が負担となるのが1割、そして残りの9割が国や自治体などが保険者として負担することになっています。介護事務とは、ケアマネージャーやヘルパーなどに代わって、介護保険制度に基づいて、介護サービスを受ける本人の負担額を計算し、残りの9割の負担を国などへ請求する手続きを行います。介護施設や病院などでは、介護報酬を請求する業務を行う介護事務はなくてならない業務の一つです。介護事務の仕事は、医療事務の業務と似ています。医療事務とは、医療保険制度に従って、国民健康保険などに基づき患者本人の負担額と国へ組合などに請求する負担を計算し、国などへ診療報酬請求の手続きを行います。レセプト業務と言い、診療報酬明細書を作成し請求を行う業務です。医療事務は診療報酬を点数で計算しますが、介護事務はそれぞれの介護サービスごとに決められた単位数を足して計算を行います。

介護事務で介護保険請求を行おう

Posted by on 3月 27th, 2012 in 介護保険 | コメントは受け付けていません。

2000年に介護保険法が施行されて10年以上経ち、あいまいだった法律の整備が進んでいる。また、近年の不況から税収が落ち込み、介護保険の国負担分が行政を圧迫していることから、介護保険の認定が厳しくなっている。請求における不備に関しても厳しくなっており、監査指導も事細かに行われているようである。そんななか、介護保険の公費分の請求をかける介護事務員の需要が高まってきている。昔はケアマネージャーやヘルパー自身が行っていたが、徐々に厳しくなってきた請求業務に専門性が出てきて、こうした介護事務員が保険請求を担うようになってきた。介護事務になるためには、医師や看護師のように資格が必須ではない。しかし、業務を行うに当たって、円滑に保険請求ができるようになるため、介護事務管理士の認定資格が制定された。実際に採用の際も、こちらの資格が重視されることもあるという。今から介護業界に飛び込みたい人にとっては、打ってつけの資格である。


Featured Photos

Random Photos

介護事務の仕事と介護保険の納税について... Posted by author icon admin 5月 27th, 2012 | コメントは受け付けていません。
介護事務と介護保険事務管理士... Posted by author icon admin 6月 27th, 2012 | コメントは受け付けていません。
介護事務は介護保険料の計算が主な仕事です... Posted by author icon admin 7月 27th, 2012 | コメントは受け付けていません。